フォルケホイスコーレのすすめ

デンマークの「大人の学校」に学ぶ

矢野 拓洋、松浦 早希、松永 圭世、真庭 伸悟、一般社団法人IFAS

定価:1,980円(税込)
ISBN978-4-7634-2025-1
C0037
発行:2022年9月25日
A5判並製  192頁

 

●内容紹介●
今、あらためて注目を浴びるデンマークの“学び直しの場”
「幸福の国」デンマークを根源から支えるフォルケホイスコーレ。その歴史からデンマークにおける位置づけ、日本への導入を目指した実践的取り組みなどを、多彩な執筆陣が紹介。

◎試験も成績もナシ ◎いつでも誰でも入学可能 
◎学生と教員、年齢と国籍を越えた全寮制の共同生活
大学進学/就職前、キャリアの転機、リタイア後…

ふと人生で寄り道したくなった時、そこにフォルケホイスコーレがある!
徹底した対話重視の生活が育む、「現代社会を生き抜く力」


●目次●
第1章 なんでフォルケホイスコーレに行こうと思ったの?
第2章 フォルケホイスコーレとデンマーク社会
第3章 デンマークから考える「日本」
第4章 共に暮らし共に学ぶ、実践の現場から
第5章 日本流のフォルケホイスコーレを!

 

●著者紹介●
矢野拓洋(やの・たくみ)
1988年生まれ。東京都立大学大学院都市政策科学域博士後期課程/一般社団法人IFAS共同代表/ジャパン・ホイスコーレDay準備委員会委員長/デモクラシーフェスティバルジャパン開催委員会共同代表。
2013年、バース大学大学院建築・土木工学部建築工学:環境デザイン専攻修士課程修了。2014年から2017年までデンマークの建築設計事務所、研究機関に勤務しながらデンマーク社会についての理解を深める。著書に『タクティカル・アーバニズム』(2021)、『北欧の教育最前線』(2021)。

松浦早希(まつうら・さき)
1991年生まれ。中学校教員/兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了(学校教育学)。
神戸女子大学在籍中、デンマーク体操部の活動の一つであるオレロップ・ホイスコーレ(Gymnastikhøjskolen i Ollerup)での短期研修をきっかけに、デンマークの体操観に魅了されて同校に留学。留学中にデンマークの社会制度や教育制度に興味を持ち、帰国後は大学院で研究し始める。民間のフィットネスクラブ勤務や大学助手を経て、現在は神戸市内の公立中学校に勤務しながら、デンマークの教育や体操について研究を行っている。

松永圭世(まつなが・かよ)
1993年生まれ。会社員/九州大学人間環境学府修士課程。
九州大学教育学部に在籍中、社会教育学を学ぶ傍ら、アメリカ、スウェーデン、デンマークに留学。各地でキャリア観に関する調査を行う。現在は大学生のキャリア支援に携わりつつ、北欧を度々訪れ、ワークライフバランスや教育、キャリアに関する視察やインタビューを続けている。大学院では対話と価値観の自覚について研究中。

真庭伸悟(まにわ・しんご)
1996年生まれ。会社員。
東京大学教育学部に在籍中、教育が社会に与える影響に関心を持ち、3年間休学。愛媛県松野町にて教育とまちづくりをテーマに2年間地域おこし協力隊として活動。半年間デンマークのブランビア・ホイスコーレ(Brandbjerg Højskole)に留学。

一般社団法人IFAS
デンマーク発祥の成人教育機関であるフォルケホイスコーレを中心としたデンマークの概念を日本に広めるため、2015年に設立。2018年に法人化。デンマークのフォルケホイスコーレに関する情報を日本語で発信しているのに加え、ホイスコーレに関する講演、研究、ホイスコーレの要素を取り入れたワークショップや教育プログラムの企画運営をしている。

 

トップページへ

オンライン書店で購入







お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(送料無料)。