だれも知らないイスラエル

「究極の移民国家」を生きる

バヴア(Bavuah) 編著

定価:2,200円(税込)
ISBN978-4-7634-0989-8
C0036
発行:2021年12月20日
A5判並製  240頁

 

●内容紹介●
イスラエル国内の分断・偏見・差別、
移民2世・3世が問われるアイデンティティ──
「ユダヤ人約束の地」が内側に抱えるジレンマと、温かく熾烈な日常

建国から73年。パレスチナとの確執を抱えながら、多くの移民・難民の移住先となってきたイスラエル。一枚岩に見える国内には、超正統派や宗教シオニストといった宗教者と、宗教とは距離をとる4割の世俗派、出身地域や移民時期、エスニシティなどによる複雑な分断が生まれている。伝統と多様性の交差点に暮らす、一人ひとりの物語。

「イスラエルを心から“祖国”だと思える日がくるのだろうか」
エッセイとグラフィックノベルで綴る、知られざるイスラエル


 

●目次●
はじめに

グラフィックノベルで架橋する社会
中東に飛び込む 戸澤典子 from バヴア
「二重の移民」を生きる 井川・アティアス・翔 from バヴア
イスラエルってどんな国?

エルサレム・ビーン
ただいま
声たちが見える
アーク

イスラエルの日常を描く(イスラエル人アーティストへのインタビュー)
ルトゥ・モダン
アサフ・ハヌカ
ギラッド・セリクター
ヤルデン・ヴァッサ

おわりに

 

●著者紹介●
バヴア(Bavuah)
井川・アティアス・翔と戸澤典子が2017年にイスラエルで設立したグラフィックノベル制作ユニット。井川はイースタン・メノナイト大学で紛争解決の修士課程修了、戸澤は東京大学大学院総合文化研究科博士課程後期に在籍。それぞれ社会学の知識を生かしながら、イスラエル・パレスチナの様々な人びとのストーリーに耳を傾け、マンガ作りに励む。今後は活動の場を日本へ広げ、日本の人々の多様性を描いていきたい。

 

トップページへ

オンライン書店で購入





お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(送料無料)。