7.4球磨川豪雨災害はなぜ起こったのか

ダムにこだわる国・県の無作為が住民の命を奪った

「7.4球磨川豪雨災害はなぜ起こったのか」編集委員会

定価:本体1,320円(税込)
ISBN978-4-7634-0970-6
C0036
発行:2021年6月10日
B5判ブックレット  口絵8頁+本文112頁

 

●内容紹介●

まやかしの「流域治水」にだまされるな!
気候変動の時代、しなやかな川とのつきあい方を求めて

 

●目次●

1 図解 川辺川ダムはいらない──「かさ上げ」で確実な安全安心を
2 二〇二〇年七月人吉豪雨で何が起こったか
3 七月四日球磨川水害検証
4 球磨川水害を山から考える
5 山の荒廃と山間河川の危機
6 瀬戸石ダムが被害を拡大した
7 流水型川辺川ダムでは命も清流も守れない
8 国土交通省(水管理・国土保全局)の気候に関わる問題意識とその対応方策の変遷

 

●著者紹介●
「7.4球磨川豪雨災害はなぜ起こったのか」編集委員会

 

トップページへ

オンライン書店で購入



 

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(送料無料)。