中国の夢

電脳社会主義の可能性

 

著者 矢吹晋
定価:本体2000円+税
ISBN978-4-7634-0849-5
C0036
発行:2018年3月17日
A5判上製256頁

 

中国の勃興と日本の危機
壮大な夢は実現できるか?
IT革命からET革命へ

シェアリングとスマホ決済の生活への浸透が、社会管理と人間関係に巨大な変化を及ぼし、そこで集積されたビッグデータが消費財の生産管理に活用され、さらには資源配分に及びつつある……。
中国は、オーウェルの危惧した超管理社会となるか、それとも人工知能(AI)の力を借りて「デジタル・リヴァイアサン」という怪物を飼い慣らし、官僚制を克服し人々の生活に奉仕させるもう一つの新しい可能性の実現に向かうのか?


●内容紹介●

はじめに──社会主義の初心を忘れず
第1章  中国を変え、世界を変えるEV車──新社会階層が誕生しET革命を爆進する中国
第2章 「移行期の中国経済」の高度成長
第3章  現実化するデジタル・レーニン主義──ビックデータとデジタル・リヴァイアサン
第4章 電脳社会主義の必然性──テクノファシズムをどう防ぐか
第5章 習近平思想──電脳社会主義の舵手
第6章 一帯一路が導く全方位外交
補論1 チャイナセブンをめぐる大誤報
補論2 喉の小骨と化した尖閣紛争
おわりに──中国の勃興と日本の危機

 

●編者紹介●

矢吹 晋(やぶき すすむ)
1938年生まれ。東京大学経済学部卒。東洋経済新報社記者、アジア経済研究所研究員、横浜市立大学教授を経て、横浜市立大学名誉教授。㈶東洋文庫研究員、21世紀中国総研ディレクター、朝河貫一博士顕彰協会代表理事。
著書
『文化大革命』『毛沢東と周恩来』『「朱鎔基」中国市場経済の行方』『朝河貫一とその時代』『〈図説〉中国力(チャイナ・パワー)』『劉暁波と中国民主化のゆくえ』『チャイメリカ──米中結託と日本の進路』『尖閣問題の核心』『尖閣衝突は沖縄返還に始まる』『敗戦・沖縄・天皇──尖閣衝突の遠景』『対米従属の原点 ペリーの白旗』『南シナ海領土紛争と日本』『沖縄のナワを解く』『文化大革命──〈造反有理〉の現代的地平』他多数。
『習近平の夢──台頭する中国と米中露三角関係』で第5回「岡倉天心記念賞」最優秀賞を受賞。

 

 

トップページへ

オンライン書店で購入




電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。