こうすればガンは消える

奥山隆三 著
本体価格 1200円
ISBN978-4-7634-0589-0 C0047
発行 2010年12月20日
新書版上製 120頁

ガンを宣告されても、心配はいりません
なぜなら、ガンは治る病気だからです!
健康な人でも1日に数万のガン細胞が発生しています。これを人間の免疫機構が潰しているのです。バーネットの仮説からまだ40年。NK細胞の発見からまだ35年しかたっていません。研究はまだ始まったばかりです。
いま全世界で、ガンの自然退縮の研究が始まっています。ガンの3大療法(手術・抗ガン剤・放射線)が見直される日もそう遠くありません──。

●内容●
1章 ガンはどこから来たのか? 
2章 ガンはどのようにして生じるのか? 
3章 ガン死の人はなぜ減らないのか? 
4章 有名人とガンについて 
5章 西洋医学の功罪
6章 ガンの自然退縮
7章 ガンの自然退縮経験の症例 
8章 研究は始まったばかりだ──バーネットの仮説とNK細胞の発見 
9章 ガン克服を可能にするNK細胞 
10章 NK細胞増加でガン消滅

●著者紹介●
奥山隆三(おくやま たかぞう)
1952年、奈良県に生まれる。神戸大学大学院医学研究科中退、医学博士。
奈良医大・京都大学医学部・神戸大学医学部の各病理学講座でガンの研究に従事。現在、奈良医大に博士研究員として在籍する一方、大阪電気通信大学(兼任講師)やファルコバイオシステムズ(ガン検診)で活躍。

●編集部より●
ガン細胞は誰の体内でも日々生まれており、免疫力がそれを抑えている――今まで弊社のいろいろな書籍でも展開してきたこの説を、最新の医学研究の現場からやさしく解説する新しい書き手が登場しました! ガンの自然治癒の研究はまだ始まったばかり。ガン治療に希望の光を見出したい方に、ぜひ手にとっていただきたい1冊です。

オンライン書店で購入






電話 0120-29-9625

お急ぎの場合は、小社まで電話・FAX・Eメール・ハガキなどで直接お申し込み下さい。郵便振替用紙を同封して直送いたします(2冊以上のご注文で送料無料)。